『タッチ』から30年、あだち充最新作に幻の甲子園決勝戦シーンに大反響!

このニュースをシェア!

あだち充最新作に幻の甲子園決勝戦シーン登場

『タッチ』から30年、あだち充最新作に幻の甲子園決勝戦シーン
ニュース| きょう11日発売の『ゲッサン』4月号(小学館)で連載中のあだち充氏の野球漫画『MIX』に、あだち氏の代表作『タッチ』(1981年〜86年『週刊少年サンデー』連載)で描かれなかった甲子園決勝戦シーンが描かれていることがわかった。30年ぶりに達也の姿を見ることができる。

『タッチ』の主人公・双子の上杉兄弟が通った明青学園の約30年後を舞台に、血のつながらない兄弟が甲子園を目指す物語『MIX』

2012 年の連載開始から初めて『タッチ』の上杉達也が登場する

明青学園が優勝した甲子園の決勝戦のVTRを『MIX』の主人公・立花投馬が観ているシーンで、投球する達也が登場

30年ぶりに達也の姿を見ることができる

甲子園の決勝シーンは『タッチ』の中では描かれておらず、あだちファン垂涎の1話となること必至

みんなの反応は

タッチ上杉達也ってのがトレンド入ってて三ツ矢雄二に何かあったのかとちょっと焦った

単行本では泣いたし、鳥肌ぞわぞわ。丁寧に書き込まれた背景で物語を描写していく、
あの優しく深い空気感と、力強さ。
あだち先生の影響は、しっかり受けて、大人になってます。

決勝どころか甲子園そのものが幻だったよね

タッちゃんがメジャー目指す話は
やっぱり無かった事にされてんの?

30年ぶりとはすごい…

スポンサーリンク