景気は回復してる?求人倍率が43年ぶり高水準

このニュースをシェア!

求人倍率が43年ぶり高水準、1.49倍

求人倍率、43年ぶり高水準=1.49倍、正社員採用増-失業率悪化3.1%・5月:時事ドットコム
 厚生労働省が30日発表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.01ポイント上昇の1.49倍となり、3カ月連続で改善した。1974年2月以来、43年3カ月ぶりの高水準。緩やかな景気回復を背景に人手不足が続き、パートから正社員に採用を切り替える企業の動き

厚生労働省が30日発表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は前月比0.01ポイント上昇の1.49倍となり、3カ月連続で改善した。

1974年2月以来、43年3カ月ぶりの高水準。緩やかな景気回復を背景に人手不足が続き、パートから正社員に採用を切り替える企業の動きが加速した。

正社員の求人倍率は0.02ポイント上昇の0.99倍と1倍に迫り、集計を始めた2004年11月以来最高となった。

求人倍率は、ハローワークに申し込んだ求職者1人当たりの求人数を示す。5月は全体の求人数が0.1%、求職者数は0.9%それぞれ減少。

正社員の求人数は0.4%増え、求職者数は1.2%減った。

みんなの反応は

俺は就職超氷河期世代の人間だけど…本当にそんなに求人多いのか?と思ってしまう

現場ではいつもミスマッチ多数

ほとんどの人が景気がいいなんて思ってない!

非正規雇用では、と考えている人も多いと思うんだよね

それよりも中高年の求人をなんとかして欲しい

うちはやっとこさ課長に今月なったけど残業手当、早出手当が一円も貰えなくなった。

仕事が少ない時は、採用側が強いが、仕事が有る時は、労働者側が強い

仕事自体はあるよね実際

要は、募集する側と応募する側の要望の乖離が激しいって事でしょ

スポンサーリンク