民進党都議選惨敗も続投を表明、党内では蓮舫氏の責任論がくすぶり続けている

このニュースをシェア!

民進党都議選惨敗も蓮舫氏の続投を表明

蓮舫代表続投宣言も、民進党にくすぶる責任論 「顔も見たくない」「もう党を出たい」と怨嗟の声続々…
民進党の蓮舫代表は4日の常任幹事会で、改選前議席を減らした東京都議選の結果を受け「極めて深刻で非常に残念な結果だが、最前線で引き続き頑張りたい」と述べ、続投を表…

民進党の蓮舫代表は4日の常任幹事会で、改選前議席を減らした東京都議選の結果を受け「極めて深刻で非常に残念な結果だが、最前線で引き続き頑張りたい」と述べ、続投を表明した。

しかし党内では蓮舫氏の責任論がくすぶり続け、執行部の刷新を唱える声も日増しに広がっている。

4日も離党を模索する議員が現れ混乱が収まる気配はない。

執行部と距離を置く松野頼久元官房副長官のグループの4日の会合では、都議選での蓮舫氏らの責任を問う声が噴出した。

みんなの反応は

蓮舫続投で自民が一番喜ぶね

普通に話しててもヒステリーな感じがとてもいや

蓮舫は代表やるにはパワー不足だな

党内からも嫌われ、国民からも嫌われ、なぜ代表の座に居座れるのか

見限って離党した人も、今さらでは遅い

都民の審判は自民党もノー、民進党もノー

一部の強気な人達は自民党を大敗させた事を何故か手柄のように思ってて自らの足元が見えてないのは致命的

結局、自民も民進も互いに不人気同士

野党なんで、自民党の批判や意見言う役割

スポンサーリンク