仙台いじめ自殺の記事で朝日新聞が記事をねつ造していたことが判明

このニュースをシェア!

朝日新聞が記事をねつ造していた

朝日新聞、仙台いじめ自殺の記事修正 遺族が話さぬ内容を掲載か
仙台市の市立中学2年の男子生徒(13)が自殺した問題をめぐり、朝日新聞社が生徒の母親に直接取材していない内容を、「母親からのコメント」としてインターネット上の記事に掲載していたと、共同通信などが報じた。同社は記事の一部を削除して修正。広報部は「関係者の方とのやりとりの中で行き違いがあった」と話している。 修正されたのは

仙台市の市立中学2年の男子生徒(13)が自殺した問題をめぐり、朝日新聞社が生徒の母親に直接取材していない内容を、「母親からのコメント」としてインターネット上の記事に掲載していたと、共同通信などが報じた。

同社は記事の一部を削除して修正

広報部は「関係者の方とのやりとりの中で行き違いがあった」と話している。

みんなの反応は

朝日の体質は変わってないな、サンゴの捏造記事を毎度思い起こす

新聞記者のモラルの低下と、矜持の無さは今に始まらない

朝日と提携関係にあるとは言え内容がユルいな

朝日そのものが、狂暴罪、ねつ造新聞

もうフェイク・ニュースばかりじゃないか

しかし、他のマスコミはねつ造を繰り返す朝日新聞社を一切批判しませんね

またまた朝日新聞社がねつ造記事を書いていたのが発覚しました

どの記事が虚偽か本当か分からない闇鍋新聞

なぜ、朝日新聞は深刻な虚偽報道を繰り返すのか

スポンサーリンク

このニュースをシェア!

フォローする

スポンサーリンク