殺人事件のうち、半分以上が親族間で起きていたことが判明!

このニュースをシェア!

殺人事件のうち、半分以上が親族間で起きていた

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000085-mai-soci

全国の警察が2016年に摘発した殺人事件(未遂を含む)のうち、55%が親族間で起きていたことが警察庁の調べで分かった。この割合は増加傾向にある。

現行制度では、犯罪で被害者が死亡した場合、遺族に最高約3000万円が給付され、負傷したり障害を負ったりした人にも給付される。

しかし、夫婦や親子などの親族間で犯罪が起きた場合、DV(ドメスティックバイオレンス)や児童虐待など一部のケースを除き、給付を認めていない

警察庁はその理由を「服役を終えて、被害者と同居する加害者もいるため、給付金が加害者に還流する可能性がある」などと説明している。

警察庁が、14年に摘発した親族間の殺人事件(未遂を含む)などを分析したところ、被害者が生存していたケースでは、82%が事件当時に加害者と被害者が同居していた。

このうち67%は、事件後も同居を継続すると裁判で証言するなどした。被害者が死亡した場合では、41%が事件当時に同居していた。

このうち63%が事件後も遺族との同居を希望するなどしていた。

警察庁によると、16年に摘発した殺人事件(未遂を含む)は770件あり、1979年に比べほぼ半減したが、親族間が占める割合は44%から55%に増加した。

傷害事件(致死を含む)では、16年の親族間は4517件あり、79年の3・5倍となった。

みんなの反応は

こういうケースをなんとかできないかな? 募金とかでさ

政府は、家族間は仲良くという理想論をばらまいているが、現実はこう

総数が半減しているのに割合を論じるのは一体

殺人事件なんて大半が親族関係や恋人絡みだというのに,通り魔殺人などが多数派であるかのような勘違いをしている人が実に多い

人は社会的動物だと言われ、集団で生活する生き物だと言われるが、本質はそうじゃないということだね。家族も所詮他人

親族間の殺害は泣き寝入りなんておかしい

日本の殺人事件発生率は低い。しかも、加害者の多くは親族であり、さらに数値には出ていないが、友人・知人など顔見知りの犯行も多い

少数の通り魔殺人事件だけをもって、治安の悪化を訴える風潮を危惧したくなる

母親が子供を殺めてしまうとか、介護無理心中で死にきれないとか色々あるのだよね

スポンサーリンク