2053年に総人口1億人割れへ 厚労省の推計が公表された

このニュースをシェア!

2053年に総人口1億人割れへ

2053年、1億人割れ=65年に高齢者4割弱-出生率は小幅改善・厚労省推計:時事ドットコム
 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は10日、2065年までの日本の将来推計人口を公表した。15年に1億2709万人だった総人口は、53年に1億人を割る見通し。65年には8808万人に減り、65歳以上の高齢者が占める割合は、15年の26.6%から38.4

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は10日、2065年までの日本の将来推計人口を公表した。

15年に1億2709万人だった総人口は、53年に1億人を割る見通し。

65年には8808万人に減り、65歳以上の高齢者が占める割合は、15年の26.6%から38.4%に上昇する。

1人の女性が生涯に産む子どもの数を示す「合計特殊出生率」は、30~40代女性の結婚や出産が上向いている近年の傾向を踏まえ、小幅ながら改善

60年に1.35とした前回推計(12年)に対し、65年に1.44になると見込んだ。

出生率の上昇で1億人割れの時期が前回推計より5年遅くなったものの、厳しい人口減と少子高齢化に歯止めがかかっていない現状が、改めて浮き彫りとなった。

みんなの反応は

若者が少なく、老人ばかりの国の未来は暗い

人口減少は、すでに危機的な状況になっている。

出生率改善なんて役人の頭はお花畑だな

アベさんの掲げる一億総活躍出来るのも、あと30年位か

もっともっと人間が減らなければ地球は平和にならない

今の日本は、世界一位の超高齢社会

戦後に爆発的に増えただけで、過去の歴史だと1億人を切ってる時代のほうが長かっただろうね

移民だけは絶対頼ってはいけない

全人口数よりも労働人口比率を気にするべき

スポンサーリンク