海自最新鋭機のP1哨戒機、トラブルで仏にたどり着けず

このニュースをシェア!

P1哨戒機、トラブルで仏にたどり着けず

海自最新鋭機、仏にたどり着けず 関係者「恥ずかしい」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
フランスで開かれた国際航空ショーに参加するため日本を出発した海上自衛隊の最新鋭の - Yahoo!ニュース(朝日新聞デジタル)

フランスで開かれた国際航空ショーに参加するため日本を出発した海上自衛隊の最新鋭のP1哨戒機2機のうち1機が、機体トラブルのためショーに参加できなかったことが分かった。

日本の航空機製造の技術をアピールし、国際的に売り込む場となるはずだったが、「たどり着けなかったのは恥ずかしい」と政府関係者は話す。

防衛省によると、2機は海自厚木基地(神奈川県)を12日に出発。

16日に会場のパリ郊外の空港に到着し、19~20日にフランスの航空宇宙工業会が主催する航空ショーに参加し、地上展示や飛行を予定していた。

2014年に「防衛装備移転三原則」が閣議決定され、各国の国防関係者らを前に高性能な哨戒機をアピールする場と考えていた。

このショーに自衛隊機が参加するのは初めてだった。

みんなの反応は

無理して飛んで行って事故になったらそれこそ恥ずかしい

安全第一を考えれば適切な判断。何も恥じる必要はない

事を成すには予備機が必要

故障箇所があれば修理のため留め置くのは当たり前。何も恥ずかしくないと思うが…。

無理して事故を起こしたらそれこそ恥ずかしい

何かあっても困らないように二機派遣したのでは無事に二機ともに厚木に戻れていれば問題ないでしょう

航空祭参加機が機体や天候の都合で引き返すのは国内でもよくあるぞ

そんなコメントを吐く、体裁だけな政府関係者の方が恥ずかしいわ

無理して飛ばないのは良い判断

スポンサーリンク