帰るまで上司が見届けると残業2割減「帰るまで見守る月間」大成功

このニュースをシェア!

帰るまで上司が見届けると残業2割減することが判明

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170509-00000018-asahi-soci

職員の残業を減らそうと、神奈川県の横須賀市がある取り組みを試した。すると、月によっては前年比で2割ほど減らすことに成功した。

1人あたりでは月平均12・2時間。労災認定の「過労死ライン」とされる月80時間超の職員は101人に上り、長時間勤務の是正が課題となっていた。

そこで昨年10月、各課の課長らが、部下が全員帰るまで職場に原則残り、残業の状況を確認する試みを実施した。

その名も「帰るまで見守る月間」

部下に声かけして、時間外勤務の状況把握などに務めた。

その結果、10月の時間外勤務は計2万5442時間と前年から2割弱減少。1人あたり月約2時間減った計算だ。

さらに、「見守る月間」が終わったあとの11月~今年3月も、5カ月連続で前年を下回った。

みんなの反応は

残業しないと回らないという、人事配置がおかしい

そもそも残業ありきの考えがおかしい

職員が多いとマジ仕事が山積みな職員も居ればワザと居残りする奴も居るだろうな

適度なストレスを与えることによって行動パフォーマンスはアップします

まあ残業代稼ぎっていう面も多少はあるんでしょう

最後まで見届ける上司の過勤

自分的には「上司はさっさと帰ってくれ」って感じなんやけど

私は上司が先に帰ってくれた方が帰りやすいです

変にずっと残られて「早く帰れオーラ」を出される方が迷惑

スポンサーリンク

このニュースをシェア!

フォローする

スポンサーリンク