運転が楽になる? 「オートマ観光バス」本格投入へ

このニュースをシェア!

「オートマ観光バス」本格投入へ

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170430-OYT1T50088.html

観光バス需要が増え、ドライバーの不足や高齢化が進む中、安全技術開発が活発化している。

商用車大手「三菱ふそうトラック・バス」(本社・川崎市)は、コンピューター制御でギアチェンジするAMTを標準装備した「オートマ観光バス」を開発し、国内市場に本格投入する。

2016年1月の長野県軽井沢町のバス事故では、マニュアル車のギアがエンジンブレーキの利かないニュートラルの状態に入っており、運転手がギア操作を誤った可能性が指摘されている。

観光バスのオートマ化は、運転手の負担軽減や安全性向上につながるとして、国土交通省が開発促進を働きかけていた。

みんなの反応は

本当に運転士の意のままのシフトチェンジタイミングは実現できているのかな

整備をしてていつも思う。バスにもスピードリミッター付けるべきではないかと

トラックでは当たり前になっているんですが

少しでも安全運行できるように改善していくのは良いことです が待遇改善と異常な効率主義を

高齢運転手や免許を持っているだけの素人運転手が運転している時点で、信用出来ない

バスやトラックのドライバー不足は、オートマ車の導入とは無関係だと思うが

自動ブレーキシステムとドライブレコーダー搭載は必須にしろ

運転を仕事にするなら、マニュアルで運転できたほうが良い

根本的にドライバーの勤務管理、環境、待遇を改善しなくては解決できない

スポンサーリンク

このニュースをシェア!

フォローする

スポンサーリンク