なぜ台湾は日本に義援金を送ってくれたのか その理由が感動的!

このニュースをシェア!

なぜ台湾は日本に義援金を送ってくれたのか

東日本大震災後 なぜ台湾は日本に200億円もの義援金を送ってくれたのか - ライブドアニュース
東日本大震災が起きた際、日本には世界中から多くの義援金が集まった。では、どこから最も多くの義援金が送られたのか。アメリカ、イギリス、フランス、中国、ロシア、韓国……。思い当たる国はいくつかあると思う

ザックリ言うと

東日本大震災が起きた際、日本には世界中から多くの義援金が集まった

しかも、台湾全土から送られた義援金の総額は200億円にものぼるという

多くの台湾人が日本に対して好印象を抱いている

日本製品の品質をはじめ、日本人と一緒に仕事をしたことがある人でしたらその勤勉さを尊敬

未曾有の震災が東北で起きた。そこで、日本を好きという気持ちと、元来の困っている人を助けようという考え方が交わり、いっきに大きな広がりを見せた

その結果、200億円を超える義援金が集まった

みんなの反応は

中国に配慮しまくるNHK・ニュースウォッチ9が、未だに触れない台灣の方々からの義援金

日本人なら、忘れるな!台湾に感謝しよう

隣人として良いバランスを保てそうな国は中華民国(台湾)だと感じたエピソードです。

東日本大震災における海外からの義援金は、台湾が1位GDPからの割合でいくとモンゴル国が第1位

台湾からの義援金=200億円 311での義援金総額=3500億円 幻の新国立競技場=3500億円 復興予算の流用=1兆2000億円 募金するよりも、この国を変えたほうが、 多くの人が救われる。たぶん。

台湾の国家規模で200億円の義援金とか 本当に凄いことだと思う 何かあったら恩を返さないとな

台湾の支援に感謝します

スポンサーリンク