「本気で自殺考えた」成人の2割 厚労省が全国意識調査の結果を公表

このニュースをシェア!

厚労省が全国意識調査の結果を公表

「本気で自殺考えた」2割=厚労省が意識調査:時事ドットコム
 厚生労働省は21日、自殺対策に関する全国意識調査の結果を公表した。「本気で自殺したいと思ったことがある」と回答した割合は23.6%(前回23.4%)と横ばいで、「最近1年以内に自殺したいと思ったことがある」割合は全体の4.5%(同5.3%)とわずかに減った。

厚生労働省は21日、自殺対策に関する全国意識調査の結果を公表した。

本気で自殺したいと思ったことがある」と回答した割合は23.6%(前回23.4%)と横ばいで、「最近1年以内に自殺したいと思ったことがある」割合は全体の4.5%(同5.3%)とわずかに減った。

自殺者数は7年連続で減少しており、厚労省自殺対策推進室は「自殺を考えた人が行動を起こさないということ。電話相談などの予防対策が一定の効果を出しているのではないか」としている。

調査は4~5年おきに実施し、今回が3回目。昨年10月に全国の20歳以上の男女3000人を対象に行い、回収率は67.3%だった。

みんなの反応は

まあ、本気で死にたいと思うかどうかはともかく、生きてるのが嫌になった経験は、誰しもあるだろう。

基本、誰でも「死にたい」と思ったことくらいあるわ

自殺をしたいと思うのと実行するのとでは全然その時の気持ちは違うと思います。死にたいと思うのはほぼみなさん一度は考えるのでは。

全国意識調査となっているけど、一体どこで調査しているんだろう。

私はもうずいぶん生きているが、こういった調査を受けたことが一度もない。

死にたいって思う事って誰でもあるでしょ。

未回答が1/3もあるがこの人たちは相当深刻なのではないだろうか。

本気とはいったい。結局、実行しなかったか実行したけど死ななかったかわからないけど。

スポンサーリンク