「森の妖精でございます」「私はアメーバです」寺内樺風被告の判決公判がヤバい

このニュースをシェア!

意味不明な言動、寺内樺風被告の判決公判がヤバい

寺内被告の判決延期=法廷内で奇声、混乱-少女誘拐事件・さいたま地裁:時事ドットコム
 埼玉県朝霞市で2014年に当時中学1年だった少女(16)が誘拐され、昨年3月に2年ぶりに保護された事件で、未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われた寺内樺風被告(25)の判決公判が29日、さいたま地裁であったが、被告が法廷内で叫ぶなどして混乱したため、松原里

埼玉県朝霞市で2014年に当時中学1年だった少女(16)が誘拐され、昨年3月に2年ぶりに保護された事件で、未成年者誘拐と監禁致傷、窃盗の罪に問われた寺内樺風被告(25)の判決公判が29日、さいたま地裁であったが、被告が法廷内で叫ぶなどして混乱したため、松原里美裁判長は延期を決めた。

「日本語が分かりません」などと意味不明の言動を繰り返したため裁判長は休廷を宣言した。

1時10分に再開したが、名前を尋ねられても「私はアメーバです」と答えるなどしたため、裁判長は判決言い渡しの延期を決定した。

みんなの反応は

今更、心神喪失の演技されても

絶対笑ってしまうと同時に更に殺意を覚える

バレバレの演技だね。彼の弁護士も大変だ

千葉大が退学処分を下していないところが凄い

こいつ絶対に許してはいけない

にわかに利口で法律の裏技を知っているだけに、やりにくいな

とりあえず裁判官に反省してないって印象付けたからいいんじゃない?

これを有罪にできなければ、日本の司法制度が根本から崩れることになりかねない

森の妖精です。なんて、如何にも変な事を言って精神疾患を装うフレーズ。呆れてしまう

スポンサーリンク