「死ぬまで戦う」 東京入管施設で約40人の被収容者がハンスト

このニュースをシェア!

東京入管施設で約40人の被収容者がハンスト

東京入管施設で約40人の被収容者がハンスト、長期収容などに抗議
東京入国管理局の収容施設で、被収容者約40人が長期収容などに抗議し、処遇改善を求めてハンガーストライキを行っていることがわかった。ハンストに参加している被収容者の1人はロイターに対し「入管からの回答があるまであきらめない。死ぬまで戦う」と述べた。

東京入国管理局の収容施設で、被収容者約40人が長期収容などに抗議し、処遇改善を求めてハンガーストライキを行っていることがわかった。

ハンストに参加している被収容者の1人はロイターに対し「入管からの回答があるまであきらめない。死ぬまで戦う」と述べた。

被収容者によると、ハンストは9日夕から開始された。一部の参加者は水も飲んでいない

開始にあたって処遇改善を求める要求書を東京入管局長に渡すよう依頼したが、職員は受け取りを拒否したという。

要求書では、長期収容や職員による威嚇行為に抗議するとともに、医療や食べ物、自由時間などにおける処遇改善を求めている。

みんなの反応は

日本をどうゆう国だと勘違いして入国したんだろうかね

法治国家としてルールを守らなかった人間に抗議する権利はない

最初に言えるのは収監されている人たちの情報次第です

ハンストをやり、横から弁護士が擁護する。どこぞの国がよく使う手だ

収容されっぱの人は、ごはんもらえてるの?もらえるだけありがたいじゃん

ただでさえ難民が発生しそうなこの時代に、ルールを守ってくれないとなると、厳しく対応せざるを得ないよね

あなた方がどうなろうと別に関心ありません

最近自分達の主張ばかりする外国人が目立つような気がするな

読んで分かったことは、真っ当に生きていればお世話になるはずはないということ

スポンサーリンク

このニュースをシェア!

フォローする

スポンサーリンク