京都・祇園の桜ライトアップ中止 観光客急増で対応できず

このニュースをシェア!

京都・祇園の桜ライトアップ中止

観光客急増、京都・祇園の桜ライトアップ中止  : 京都新聞

京都の春の風物詩として人気の京都市東山区の「祇園白川さくらライトアップ」が、今年は中止されることになった。

観光客の増加で予期せぬ事故の恐れもあり、地元住民の有志でつくる実行委員会だけでは対応できないと判断したためだ。

京都市が観光事業として1990年から、白川沿いのソメイヨシノやしだれ桜など約40本のライトアップを始めた。

2006年から実行委の主催となり、毎年3月末~4月初旬にかけての10日間、昼間も含めて約30万人の花見客が訪れていたという。

これまで警備員を2人配置するなど安全確保に努めてきたが、昨年秋から実行委が東山区役所などと協議。

運営予算を含め今の態勢では十分な安全対策をとることが難しいと判断し、今年はいったん中止することにした。

みんなの反応は

それで良いと思います。最近はマナーを守らない輩も多い

マナーを守れない人がいるのではやむを得ないですね

そこまでしてを見なきゃいけないってこともないし。

むしろライトアップしない方が、桜が月明かりに照らされて風情があるかも

やめて正解。何もやらなくても京都には観光客が来ます

貴重な文化を守る、良い決断だと思います

のライトアップなら他でも見られる場所はある

土日月と行ってきたばかりだけど、ほんとに外国の人が多かった

金閣寺周辺のバス停とか見てても思うけど、インフラが追いついてない

スポンサーリンク