埼玉の愛犬家殺人事件 関根死刑囚が東京拘置所で死亡

このニュースをシェア!

埼玉の愛犬家殺人事件 関根死刑囚が東京拘置所で死亡

関根死刑囚が死亡=埼玉の愛犬家殺人|ニフティニュース
 1993年に埼玉県の愛犬家ら男女4人が殺害された事件で、殺人などの罪で死刑が確定した元犬猫繁殖販売業、関根元死刑囚(75)が27日、東京拘置所で死亡したことが関係者への取材で分かった。病死とみられる…

1993年に埼玉県の愛犬家ら男女4人が殺害された事件で、殺人などの罪で死刑が確定した元犬猫繁殖販売業、関根元死刑囚(75)が27日、東京拘置所で死亡したことが関係者への取材で分かった。病死とみられる。

判決によると、関根死刑囚は93年4~8月、犬の販売をめぐるトラブルから、会社役員の男性=当時(39)=に猛毒入りカプセルを飲ませるなどして4人を殺害。

一、二審は死刑を言い渡し、2009年6月に最高裁が上告を棄却し、確定した。

関係者によると、昨年11月に体調を崩し、治療を受けていたが、27日早朝に死亡したという。

みんなの反応は

めちゃくちゃしといてかなりの税金をつっこませて終わり?

これじゃにならんじゃないか

判決の基準も時代にそぐわないし、死刑なら刑の執行まで期間があまりにも長すぎる

確定してずいぶん経ってたのに何で執行しないの?

日本の司法は加害者を守るためのものなの

体調崩した時点で吊るすべきだった

殺された人より殺した方の人が最後まで恵まれた人生でしたね

死刑になるのに治療を受けるってなんやねんって気持ちになる

これじゃ介護付き老人ホームと変わらないじゃないか

スポンサーリンク