「役者として華がない」吉岡里帆の自己分析が話題に

このニュースをシェア!

「役者として華がない」吉岡里帆の自己分析

吉岡里帆の自己分析「役者として華がない。脇役の役割を担うことで勝負」
「人生、チョロかった」の名セリフが視聴者に強烈なインパクトを残し、演じたキャラクターが良くも悪くも世の女性たちの話題になった女優・吉岡里帆。その『カルテット』での目が笑わない、小憎たらしい小娘・有朱の好演が評価を受け、オリコンの『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』新人賞を受賞した。「賞をいただけるのは初めて」と喜ぶ吉岡

「人生、チョロかった」の名セリフが視聴者に強烈なインパクトを残し、演じたキャラクターが良くも悪くも世の女性たちの話題になった女優・吉岡里帆

その『カルテット』(TBS系)での目が笑わない、小憎たらしい小娘・有朱の好演が評価を受け、『コンフィデンスアワード・ドラマ賞』新人賞を受賞した。

「賞をいただけるのは初めて」と喜ぶ吉岡にドラマを振り返ってもらった

みんなの反応は

華は無くてもおっぱいがあるから問題ない

茶髪とどぎつい口紅さえなければ 凄い可愛いのに

もう水着姿は披露してくれないんだろうな

華はなくても、雰囲気とその作品を崩さない演技力があれば大丈夫です

素晴らしいおっぱいがあるやんけ

黒木華でも主演出来たのであなたも主演できますよ!ナイスバディ見せて

逆にその華と演技力の両方を兼ね備えているのが、沢尻エリカ

主役より脇役で光るタイプ

もう清純派なんてやめて普段通りで売り出せば良いのに

スポンサーリンク

このニュースをシェア!

フォローする

スポンサーリンク