「ドレミの歌」などの日本語訳詞も 歌手のペギー葉山さん死去

このニュースをシェア!

「ドレミの歌」で有名な、歌手のペギー葉山さん死去

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000117-spnannex-ent

訳詞した「ドレミの歌」や「南国土佐を後にして」など知られる歌手のペギー葉山(ぺぎー・はやま)さんが12日午前11時55分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。83歳。東京都出身。

3月29日に東京・日生劇場で行われた「越路吹雪 三十七回忌特別追悼公演 『越路吹雪に捧ぐ』」に参加。

翌30日にはブログで報告し「こーちゃん(越路さん)の思い出の歌が次から次へとゴージャズに歌われ、ファンの皆さまが2階まで満杯!素晴らしいイベントでした」と元気な様子だった。

1952年「ドミノ/火の接吻」でレコードデビュー。54年、「月光のチャペル」でNHK紅白歌合戦に初出場。

59年、NHK高知放送局テレビ放送開始の記念に歌った「南国土佐を後にして」が空前の大ヒットを記録した。64年には「学生時代」がロングセラーとなった。

ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」を劇中歌「ドレミの歌」に日本語詞を付けて歌い、今も歌い継がれている。

みんなの反応は

大御所=京唄子、ペギー葉山、など女性人で実力のあった方々が逝去されていく

あれ?比較的最近まで活動されていたのに?

タロウのお母さん、安らかに

40代の人間にはポンキッキやウルトラマンタロウ(ウルトラの母の地球人体役)で子どもの頃に慣れ親しんだ方

やはり「学生時代」が一番心に残っているな

私がニンジンを食べられるようになったのは、ひらけポンキッキに出演されていたペギー葉山さんのおかげです

名誉高知県民のペギーさん

やはり「学生時代」が一番心に残っているな

本当の歌手がまた逝かれてしまいましたね

スポンサーリンク