芦田愛菜が中学受験を乗り切れたのは「あの人」の名言だった

このニュースをシェア!

芦田愛菜、王貞治さんの名言で中学受験乗り切った

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170406-OHT1T50207.html

4月から中学生となった女優の芦田愛菜(12)が、7日にスタートするテレビ朝日系「気づきの扉」(金曜・後11時10分)のナレーションを担当する。

偏差値70を超える都内の難関中学に入学した芦田が、合格後初めてインタビューに応じ、レギュラーでは初となるナレーションの仕事と中学生活について「私にとっても新たな挑戦で、身が引き締まる思いです」と初々しく語った。

芦田の支えになったのはソフトバンクの王貞治球団会長(76)の名言だった。

『努力は必ず報われる。報われない努力があるとすれば、それはまだ努力とは言えない』という王貞治さんの言葉に、とても共感しました」。

家族で過ごしているときに父から教わったその言葉を今でも座右の銘にしている。

「何かをするときにはいつも、その言葉を忘れないように心がけています」。

ときには朝から晩まで机に向かう日もあったが、ストイックな努力で乗り切ってきたからこそ、つかんだ光だった。

みんなの反応は

確かに努力した人、そして結果を出した人が言うと重みが違うし励みになるね

努力家なんですね

王貞治氏の言葉に、共鳴する12才って凄い

報われて良かったですね。それにしても、すごいです

努力家でもあるし、天才でもある。本当にこういう人っているんですね

受験勉強してたのは小学生の時、小学生で王さんの言葉に感銘を受け、心の支えにするって凄いな

この子なら、勉強と芸能の両立は問題ないだろう

王さんの言葉…、確かに信じたいですね

親御さんの教育がいいのかな?

スポンサーリンク