鎖骨下血管に点滴用ポート埋め込む手術明かした小林麻央さんに心配の声

このニュースをシェア!

小林麻央さん、鎖骨下血管に点滴用ポート埋め込む手術明かした

小林麻央さん、鎖骨下血管に点滴用ポート埋め込む手術明かした
 歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻で、がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)が11日、ブログを更新し、鎖骨下の血管に点滴用ポート埋め込む手術を受けたことを明かした。 麻央さんは「腕の血管には限界を感じてい【芸能】

歌舞伎俳優・市川海老蔵(39)の妻で、がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央さん(34)が11日、ブログを更新し、鎖骨下の血管に点滴用ポート埋め込む手術を受けたことを明かした。

麻央さんは「腕の血管には限界を感じていましたし、ポートがあれば入れられる濃い栄養の点滴などあることを知り、タイミングを逃さないよう、ポートの手術を受けることを心に決めていました」と理由を説明。

「手術は、親知らずの抜歯の時のような最初の局所麻酔の痛みだけで、怖くなかったです」と振り返り、現在は「まだ少し痛みが残っていますが、馴染んでくるはずです」と報告した。

みんなの反応は

心身を貫く辛苦はいかばかりかと胸が痛みます

家族だから出来る事で回りがとやかく言うことではない!大変を大変じゃない!と言えるのが家族です

やはり最後にいる場所は自宅がいいよね。病院じゃなくて

病院内でもステージに関わらず、ポート設置している患者さんは沢山いらっしゃいます

人の喜びをともに喜び、人の悲しみをともに悲しむ、という人の道に沿った生き方をしてほしい

鎮痛剤の副作用の次は、抗がん剤の副作用が重いようですね

もう病院でもやることがないということ。その手術だって最近の事ではないでしょ?

子供さんたちはお母さんの帰りを心待ちにしているでしょうね

母親はたとえ寝ているだけでも子供にとっては太陽だと思います

スポンサーリンク

このニュースをシェア!

フォローする

スポンサーリンク