木村拓哉主演の映画「無限の住人」は本当に爆死だったのか

このニュースをシェア!

映画「無限の住人」は本当に爆死だったのか

キムタク主演映画『無限の住人』は本当に“爆死”、“大コケ”だったのか?(THE PAGE) - Yahoo!ニュース
木村拓哉主演の映画『無限の住人』(三池崇史監督)は4月29日の公開以降、興行成績など - Yahoo!ニュース(THE PAGE)

木村拓哉主演の映画『無限の住人』(三池崇史監督)は4月29日の公開以降、興行成績などに触れて“爆死”という表現で大コケを誇張するメディアの報道が多い。だが、果たして実際のところはどうなのだろうか?

同映画は、5月17日から開催された「第70回カンヌ国際映画祭」のアウト・オブ・コンペティション部門に出品され、渡仏した三池監督、木村、杉咲花の現地での様子は大きく報道されたが、同時に本作の興行成績が芳しくないという記事も多数見受けられた。

興行通信社が発表している映画動員ランキングを見ると、4月29日に公開された『無限の住人』は、土日2日間で動員14万5000人、興収1億8900万円で、初登場6位という結果だった。

みんなの反応は

人気がガタ落ちしたんでしょ

むしろ大コケしてるのに触れないメディアばっかだろ

ジャニーズ事務所に嫌気がさしてる一般人相当いますよ

治りかけの傷にナイフを差し込むような記事

三池監督3大爆死映画、テラフォーマーズ、無限の住人、ジョジョの奇妙な冒険

ヤマト42億で大コケ扱いだったんだから歴史的大爆死です

作品が良くても「木村」ということで、もう嫌気がさしてる。

もう なんでもかんでもジャニタレ使うの やめませんか

もうキムラは終わった人。多くの一般人から嫌われている

スポンサーリンク