米国務長官が北朝鮮のミサイルをICBMと認める

このニュースをシェア!

北朝鮮のミサイルをICBM、米国務長官が認める

【北ミサイル】米国務長官、ミサイルをICBMと認める 発射を非難、「米国への脅威」と警告
【ワシントン支局】米国のティラーソン国務長官は4日夕(日本時間5日朝)、「北朝鮮の大陸間弾道弾(ICBM)発射を強く非難する」との声明を発表した。米政府として、…

米国のティラーソン国務長官は4日夕(日本時間5日朝)、「北朝鮮の大陸間弾道弾(ICBM)発射を強く非難する」との声明を発表した。

米政府として、北朝鮮が4日に発射したミサイルが、ICBMだったことを認めた。

声明は、ICBM発射は「米国や同盟国、世界に対する新たな脅威の高まり」を示すものだと警告。

国際的取り組みの重要性を指摘し、国連安全保障理事会による対北朝鮮決議を順守するよう求めた。

米太平洋軍は北朝鮮によるミサイル発射直後には「中距離弾道ミサイル」だとして、米本土を直接脅かすものではないとの見方を示していた。

みんなの反応は

ここはアメリカの特殊部隊に期待するしか無い

平和的解決を目指した結果がこれ。

トランプの腰が引けてきた

1年後には確実に飛距離伸びてるでしょう

アメリカに期待する向きが多いみたいだけど、無理無理

もはや第二の「キューバ危機」

本気の対策を願いたい

繰り返された「極めて遺憾」発言で事実上容認しているうちに、戦力がどんどん強化されてしまった

CNNでもトップニュースを飾ってたし、アメリカの世論も対北朝鮮の声が高まってそう

スポンサーリンク

このニュースをシェア!

フォローする

スポンサーリンク