薬物期限迫り11日間で8人死刑計画 アメリカの現実

このニュースをシェア!

薬物期限迫り11日間で8人死刑計画

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00000055-mai-n_ame

死刑に使う薬物の使用期限が迫っているため、今月17日から11日間で8人の死刑執行を計画していた米南部アーカンソー州で20日深夜、1人目の死刑が執行された。

集中的な「駆け込み執行」は前代未聞との批判があり、俳優のジョニー・デップさんらが現地で抗議運動に参加した。

米国では主に薬物による死刑執行が行われてきたが、製薬会社が販売を拒否するなど、執行用薬物の入手が難しくなっている。

アーカンソー州では執行に使われる3種類の薬物の一つである鎮静剤「ミタゾラム」の使用期限が今月末に切れることから、17~27日に8人の死刑を執行すると発表していた。

みんなの反応は

今回の駆け込み執行は、被害者の恨みを晴らすためには、至って真ともな事ですね

日本もそうだけど、法で定められているなら、冤罪の可能性が無ければ刑を執行すべき

100%冤罪無しだったら、判決後即死刑執行したらいいじゃん

被害者の方は、何も変わらない日常の中で突然殺されてしまったわけでしょ?

ただじゃないからね。生かしておく費用は

被害者の権利や人権を語る人がいないから不自然な話

アメリカだって、確定から執行までの期間は決まってるよな?

日本みたいに絞首刑にしたらいいのに

多少使用期限が切れても薬の効き目に差はないよ

スポンサーリンク