今度はデルタ航空便 子どもの席譲らず強制降機の動画が物議

このニュースをシェア!

デルタ航空便が子どもの席譲らず強制降機

米家族、デルタ航空便から強制降機 子どもの席譲らず
【5月5日 AFP】(更新)米デルタ航空(Delta Air Lines)を利用した米国人家族が、オーバーブッキング(過剰予約)が発生した便で子どもの座席を譲ることを拒んだため、降機を強いられたと訴えている。

デルタ航空(Delta Air Lines)を利用した米国人家族が、オーバーブッキング(過剰予約)が発生した便で子どもの座席を譲ることを拒んだため、降機を強いられたと訴えている。

ユナイテッド航空(United Airlines)の強制降機問題などで揺れる航空業界のさらなるイメージ悪化を招きかねない出来事だ。

夫婦がユーチューブ(YouTube)に投稿した動画によれば、客室乗務員は夫婦の2歳の息子が座っている席を空けるよう要求

シアーさんは当初、料金を支払ったとの理由で拒否したものの、最終的には要求を受け入れた。

それでも、妻と幼い子ども2人と共に降機を強いられてしまった。

みんなの反応は

アメリカの航空会社は本当にクソだな

オーバーブッキングやめれば解決

問題が発覚するのは メガキャリアばっかり。LCCに客を奪われるのも自業自得

9.11後の安全のためなら乗客に不便を強いても構わないという風潮が行き過ぎたということだろう

問題はお客様を暴力で排除したり検察でもないのに「収監され、子どもたちは里子に出される」など立派な脅迫行為を行っていること

チェックインの遅い人が乗れない規則で良いよ

旅行会社勤務だけど、これは航空会社の言い分が正しいよ。基本的に航空券の座席とはその席に座ると予約した人と実際に座る人が同じでないといけない

ユナイテッドの時のように航空会社が悪いと素直に思えない

席の名義が違うんだから2歳の息子にはこの席に座る権利はない訳でこの父親はアウトでしょ

スポンサーリンク