フランスが環境対策で40年までにガソリン・ディーゼル車の販売終了へ

このニュースをシェア!

フランスがガソリン・ディーゼル車の販売終了へ

フランス、40年までにガソリン・ディーゼル車の販売終了へ(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
【AFP=時事】フランスのニコラ・ユロ(Nicolas Hulot)新環境相は6日、地球温暖化対 - Yahoo!ニュース(AFP=時事)

フランスのニコラ・ユロ(Nicolas Hulot)新環境相は6日、地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定(Paris Agreement)」の目標達成に向けた野心的な計画の一環として、フランスは2040年までにガソリン車とディーゼル車の販売を終了させると発表した。

みんなの反応は

信頼出来る技術を棄てるのは愚の骨頂

リチウムイオン電池をつくるのにどれだけCO2を排出しているんでしょうね

電気自動車が主流と考えるなら、リチュウムイオンバッテリーに依存した物になるのか、燃料電池になるのか

他の部分にしわ寄せこないの?希金属枯渇やバッテリーの廃棄とか

実現したら凄いし、石油原産国は打撃じゃないすか

何か夢のエネルギーを作らないと無理だと思うけどね

原発をもっと進めてプルサーマル完成ぐらいまでしないと無理でしょうが

時代の流れだけど、福島の事故で原発がダメになって、電気を作るのに化石燃料燃やしてたのでた意味ないのでは

ガソリン車・ディーゼル車終了、別にいいけど電気自動車の電気は何で賄うの?

スポンサーリンク

このニュースをシェア!

フォローする

スポンサーリンク