錦織の試合中のラケット破壊に師匠・松岡修造氏が疑問

このニュースをシェア!

錦織の試合中のラケット破壊、松岡修造氏が疑問

【全仏オープン】錦織のラケット破壊に師匠・修造氏も不快感(東スポWeb) - Yahoo!ニュース
【フランス・パリ4日発】テニスの4大大会、全仏オープン男子シングルス3回戦で世界 - Yahoo!ニュース(東スポWeb)

テニスの4大大会、全仏オープン男子シングルス3回戦で世界ランキング9位の錦織圭(27=日清食品)は同67位の鄭現(21=韓国)を7―5、6―4、6―7(4―7)、0―6、6―4のフルセットで破り、3年連続のベスト16進出を決めた。

苦しみながらも初の日韓エース対決を制したが、ファンや関係者から苦言が相次いだのが試合中のラケット破壊だ。

3日に地上波でも中継された“衝撃シーン”は波紋を呼んだ。

衛星放送「WOWOW」にゲスト出演した師匠の松岡修造氏(49)まで、番組内で「よくないですね。錦織選手らしくない」と不快感を表明。

ソウル五輪代表で日本テニス協会の倉光哲理事(72)も「ここのところ、マナーの悪さはトップ選手になっちゃった」と皮肉を込めて、肩を落とした。

みんなの反応は

よくないことだろうが、簡単に一言で批判はできない。

修造さんは「ラケットを壊して感情をコントロールするタイプの選手もいるが、圭はそういうタイプでない」と言うことを言っていた。

錦織君も一人の人間、物に八つ当たりは良くないが一生懸命にやっているのにも拘わらず、思い通りにいかない。

良いか悪いかで言えば当然悪い。

20代ですし、そこの部分はこれからですし、見守ってあげましょう。

でも、ブーイングも正解

マナーの悪さがトップとか悪役とか、本当にテニスに通じてる人なのか疑ってしまいます。

良い子は真似しないようにといいますが、一般人やスポンサーのいない選手はラケットに当たりたくても当たれません。

ラケット破壊したらブーイングもらう事ぐらい本人は当然知ってるのに、それでも破壊する程の気持ちだったんでしょ。

スポンサーリンク