気迫にのまれた照ノ富士 手負いの横綱に連敗

このニュースをシェア!

気迫にのまれた照ノ富士

新横綱稀勢の里(30)=田子ノ浦=が奇跡の逆転優勝を飾った。13日目に左肩周辺を負傷しながら強行出場。

1差で追走していた大関照ノ富士(25)=伊勢ケ浜=を突き落として2敗で並ぶと、優勝決定戦では小手投げで仕留め、2場所連続2度目の優勝を決めた。

稀勢の里の気迫にのみ込まれた。単独トップに立ち、2度目の優勝に王手をかけて臨んだ照ノ富士だが、本割、優勝決定戦とよもやの連敗。持ち前の豪快さは影を潜め、硬くなって足が出なかった。

相手は手負いの新横綱。やりづらさを問われると、「特にない。自分の問題です」と首を振り、「みんな目に見えないつらさがある。それを表に出すか、出さないかだけ」。

自身も古傷の両膝の状態が思わしくなかったことを示唆した。

みんなの反応は

稀勢の里はその重圧をはね除けただけ

昨日の時点でほとんどの人が照ノ富士が優勝と思ってたからな

琴奨菊戦で一気にヒールになったけど、それ以外は気迫のみなぎる取組が多かった

稀勢の里は確かにものすごいし本当に立派でした。

観客のほとんどが稀勢の里を応援していて完全アウェーの中、やりにくかった

照の富士も満身創痍だったと思う

来場所万全の状態にして頑張ってほしい

13日目から膝にダメージが出始めてたんじゃないかな?実は稀勢の里より状態は悪かったりして。

照ノ富士にも頑張って欲しい

スポンサーリンク