WBC2次ラウンドE組オランダ戦8―6で11表タイブレークを制する!

このニュースをシェア!

侍史上最多執念9人継投「一生忘れることのない試合」

小久保監督 侍史上最多執念9人継投「一生忘れることのない試合」(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
◇WBC2次ラウンドE組 日本8―6オランダ(2017年3月12日 東京ドーム)  - Yahoo!ニュース(スポニチアネックス)

WBC2次ラウンドE組 日本8―6オランダ(2017年3月12日 東京ドーム)

相手打線の流れを止めるために千賀ではなく、4回の2番手にベテラン平野を送り、試合を落ち着かせた後、千賀を投入

以降、好調な投手をつぎ込み、ピンチをしのいだ

指揮官が打った勝負手が則本だ。最速155キロを記録しながら、2死一、三塁からJ・スクープに中前打され、同点に追いつかれた。

10回から9番手で上がった牧田が、11回無死一、二塁からのタイブレークも3人を凡退に打ち取った

小久保監督はかすれた声で「あまり脳みそは動いてません。一生忘れることのない試合だと思います。最後まで勝ちたいという執念があった。全員の勝利」と言った

みんなの反応は

本当に素晴らしい試合だった。
オランダは強かったが、それ以上に日本は強かった

観る方にも勝つ事への執念が感じられた

昨日の試合、負けたとしてもやっぱり野球は面白いと思っただろうな

勝ったのはいいが先発の石川が打ち込まれてしまったのはちょっと心配
いい試合だった。9回に牧田を投入しなかった時は采配に疑問符ついたけど。まぁ監督なりの考えもあったのだろう。
ここからだね、監督の真価が問われるのは!

頑張れ侍ジャパン

スポンサーリンク