「4・5」から「8」 48ヶ国参加の2026W杯でFIFAがアジア枠拡大発表

このニュースをシェア!

48ヶ国参加の2026W杯でFIFAがアジア枠拡大発表

FIFAは2026年開催のワールドカップから出場国を従来の32カ国から48カ国にへと拡大する方針を決定しているが、各大陸の出場枠内訳の提案を発表。

現行のシステムでは本大会に出場できるのアジア枠は4から5ヶ国だが、新たに8カ国に拡大されることになった。

2018年ロシア大会で6大会連続となるW杯出場を目指す日本代表にとっては、将来的なワールドカップへの道程はこれまで以上に容易になりそうだ。

中国や中東などの出場を見込んだとも言われる今回の出場枠拡大には「拝金主義」との批判も飛び、競技レベルと試合のクオリティの低下を招く懸念からサッカーファンも大反発しているが、日本代表はアジア枠拡大の恩恵を受けることになりそうだ。

みんなの反応は

レベルの高い試合を見たいんだけどな

どんなに増えても6までが妥当かと

アジア枠8は多すぎ

アジア最終予選4位でもワールドカップ出場っておかしいよ

ヨーロッパや南米にもっと枠あげるべき

いやいや、南米とヨーロッパはもっと増やして良い

アジアも問題だけど本当の問題はオセアニア1

アジアが広すぎる。中東とアジアって地域を分けれないの?

 多分、アジア予選はテレビで見なくなると思う

スポンサーリンク