若い才能を育てる「言葉学」 DeNAラミレス監督はミスを責めないのか

このニュースをシェア!

なぜDeNAラミレス監督はミスを責めない

なぜDeNAラミレス監督はミスを責めないのか 若い才能を育てる「言葉学」(THE ANSWER) - Yahoo!ニュース
3月31日に開幕したプロ野球。その中でセ・リーグの台風の目として期待されているのが - Yahoo!ニュース(THE ANSWER)

3月31日に開幕したプロ野球。その中でセ・リーグの台風の目として期待されているのが、DeNAだ。

昨季、上位3チームに与えられるクライマックスシリーズ(CS)に球団創設5年目にして初進出

侍ジャパンで4番を務めた25歳の主将・筒香嘉智外野手を中心とした若いチームは今季、19年ぶりのリーグ優勝が期待されている。

指揮を執るのは、アレックス・ラミレス監督だ。

若いチームに躍進を呼んだ一つの要因は、ラミレス監督の「後ろを向かない『言葉学』」である。

現役時代に在籍していた巨人のような常勝軍団と比較すれば、DeNAではプロでの成功体験が少ない選手が多い。

そんな若い選手たちが全力を振り絞っている中、現場で一番の権力者である監督が、余計に言葉をかけても重荷になるだけ。

それを知っていたから、当時は練習中に野球とは関係ない冗談も交えて選手とコミュニケーションを図ることに努めていた。

若く経験の少ない選手に自信を与え、能力を引き出していく

ラミレス監督の「後ろを向かない『言葉学』」はDeNAにとって最大限にマッチした指導法と言えるだろう。

果たして、就任2年目の今シーズン、どんな言葉で選手を盛り立て、躍進を見せるのか。

グラウンドから聞こえてくる指揮官の言葉に耳を傾けたい。

みんなの反応は

中畑、ラミレスと明るかったり、プラス思考の監督が続いているのは若いチームにはいいと思う

こういう監督さんって、イイよなぁ

指揮官しだいで選手はかわる

ラミレスが監督になった時はどうなるかと思ったけど、いい人選だった

それが良い方向に行けばいいけど、さて結果がどうでるか

責めないのはいいけど時には厳しくしてくれ

倉本、宮崎、桑原あたりは今年働いて一流のプロになってくれ

殴られたり、文句言われたりすれば、そりゃ誰でも嫌になるよ。ラミレス監督はそうじゃない、大人なんだ。

明るくなったチームカラーにそれを壊さない形でラミレス監督なりの独自の色付けをしていると思う。

スポンサーリンク