「500円の壁」クォーターパウンダーが撤退に追い込まれた理由とは?

このニュースをシェア!

クォーターパウンダーが撤退に追い込まれた理由とは?

だから「クォーターパウンダー」は撤退に追い込まれた (1/5)
4月4日にマクドナルドの「クォーターパウンダー」が終了する。「マックの顔」ともいうべきブランドなのに、なぜ同社は撤退の決断を下したのか。その背景には……。

4月4日でマクドナルドの「クォーターパウンダー」が販売終了する。

そこまで定番商品というイメージがないかもしれないが、「クォーターパウンダー」は本国マックのWebサイトでビックマックと並んで紹介される、「マックの顔」ともいうべきブランドだ。

2017年1月、「第1回マクドナルド総選挙」というキャンペーンが開かれた。

マックのレギュラーハンバーガー12種類を、ビーフ系のAブロック(6種)とビーフ以外のBブロック(6種)にわけ、お客さんに人気投票してもらう企画で、Aブロックの最下位となったのが、「クォーターパウンダー・チーズ」、ビリから2番目が「ダブルクォーターパウンダー・チーズ」、はからずも「クォーターパウンダー」で不人気ワンツーフィニッシュとなってしまったことが、販売終了へ結びついたのではないかというのだ。

実際に、Bブロックの最下位となった「バべポ」(バーベキューポーク)も販売終了になっている。

「クォーターパウンダー」というのは、「マックにはやっぱり500円の壁を超えられない」という厳しい現実を突きつけた「戦犯」という見方もできるのだ。

みんなの反応は

昔は店員さんの教育がしっかりしていたのか、店内はいつも清潔だったけど、最近は店内も汚い

昨日最後だと思って買いに行ったが販売終了になっていた

500円以上払うなら他の選択肢を考えると思う

クォーターパウンダーってノーマルのハンバーガーやチーズバーガーがただデカくなったって感じで、味が付けがあまり変わらなかった気が

いまやマックは、満足度も費用対効果的にも高い印象なんだよね。

デカさや高級感よりも味をもっと追究してほしい

マックで¥500超えの商品頼むなら他のお店に行く人が多いだけの話

クオーターパウンダーは好きだけど、ボリューム勝負だったらバーガーキングのワッパーシリーズの方が上手

500円お小遣い上げてもらうのに必死なのにそんなもん買えるか

スポンサーリンク