モラルハラスメントの加害者、被害者になる人の特徴とは?

このニュースをシェア!

モラルハラスメントの加害者、被害者になる人の特徴

身近にいる? モラルハラスメントの加害者、被害者になる人の特徴(All About) - Yahoo!ニュース
――休日、あるお宅では、家族での外出の準備をしています。お母さんは、朝食の片づけや - Yahoo!ニュース(All About)

モラルハラスメント(モラハラ)は、こんな日常の何気ないやりとりのなかでも、しばしば見られるものです。

身近な誰かの行動の中に非難できるポイントを見つけ、そこを陰湿に指摘するなどして、相手の価値を貶めるのが、加害者の常套手段です。

加害者は、相手を見下すことで、優越感に浸ることができます。

モラハラを受ける側は、加害者の巧みな操作によって人間性を否定され、「自分はダメな人」と思い込んでしまいます。

さらに、加害者は「一緒にいる私は、いつも迷惑を被っている」「被害を受けているのは私の方だ」と、自分の方が被害者であるように、思わせます。

モラハラ被害者は、そうした操作を素直に受け入れ、自己否定に陥りやすいのです。

みんなの反応は

声だけで笑って目が笑ってない人とか

結局弱っちいんだよな。こういう加害者って

どっちになるのも、恐ろしい事ですね。

モラハラの加害者は多すぎる。周囲に影響力が大きい、立場のある人は多い

ただある一定以上の年配の男性はこういう考えの人が多いと感じます。

どっちになるのもイヤ

モラハラ加害者は、逆に何かを言われるとギャーギャー騒ぎ出すなど、被害妄想が人一倍強い

相手が上司であれば、会社内で問題にすべき

もし、離れられないのであれば、お互いにうまく利用し合う関係性を築くのが妥当のような気がしますけどね

スポンサーリンク