群馬から海渡り、米国で発見された「吉田松陰の短刀」本物と判定

このニュースをシェア!

米国で発見された「吉田松陰の短刀」本物と判定

米国で発見「吉田松陰の短刀」本物と判定 明治時代、群馬から海渡る
前橋市は3月28日、米国の個人宅で見つかった短刀が、1876(明治9)年に群馬から米国に運ばれた吉田松陰(1830~1859年)の「短刀」と判定されたと発表した。

前橋市は3月28日、米国の個人宅で見つかった短刀が、1876(明治9)年に群馬から米国に運ばれた吉田松陰(1830~1859年)の「短刀」と判定されたと発表した。

短刀はカリフォルニア州バークレーに住むティム新井さんが持っていた。

ティムさんは2012年、群馬県立歴史博物館などが松陰の短刀を探していることを知り、所有する4本の刀の内3本の写真を送り協力したが該当しなかった。

残りの1本。2015年4月、映画「楫取素彦物語」の桜井顕監督がティムさん宅を訪れた際、短刀の茎(なかご)に刻まれた「国益」の文字に着目

「これが松蔭の短刀ではないか」ということになり、昨年8月、ティムさんが日本に運んだ。

短刀は検疫などを経て12月に前橋。調査の結果、群馬から米国に運ばれた松蔭の短刀と判明した。「国益」は中世(15~6世紀)の名匠。

この短刀は松陰の妹で初代群馬県令、楫取素彦の妻、寿(ひさ)が松蔭の形見として譲り受けたもので「形見の短刀」と呼ばれる。

前橋市ではこの発見を記念し3月31日、前橋文学館(前橋市千代田3)でティムさん、楫取能彦さんを迎え講演会を開くとともに、短刀を一般公開する。

みんなの反応は

こういう話を聞くと歴史ロマンを感じるし、受け継がれるということがいかに大切なことなのかと思い知らされる

いまの政治家を見てこの時代の方々はどう思うだろうか

吉田松陰なんて自分には縁もゆかりもないのになぜか胸が熱くなるのはなんでだろう?

寿から託されたのは新井さん、所有者も新井さんってことは、代々受け継がれ大事にしてくださっていたのですね

とある番組のようにイチャモンつける輩が出なければいいが

なんでまた海外にと思ったけど、理由を知って感動した

せめて「花燃ゆ」放送時に記事になれば、視聴率もすこし上がったはず

他の幕末の志士の刀なども、アメリカなどの海外にあるのかもしれないな

本人自体は偉業をなしとげたわけではないのに、これだけ他のものに影響を与えたひとはほかに類しない

スポンサーリンク