ギャンブル依存はリスク判断がうまくできない 京大が発表

このニュースをシェア!

ギャンブル依存はリスク判断がうまくできない

ギャンブル依存、リスク判断うまくできず 京大、脳働きに違いも : 京都新聞

ギャンブル依存症の患者は、リスクを取るべきか否かの状況判断がうまくできず、健常者と比べて脳の一部の働きに違いがあることを、京都大医学研究科の高橋英彦准教授や藤本淳研究員らのグループが突き止めた。

ギャンブル依存症の新たな治療法の開発につながる成果で、英科学誌に4日発表した。

ギャンブル依存症は国内では成人の4・8%が患者であると推計(厚生労働省の委託研究)され、多額の借金や自殺の原因となり社会問題となっている。

リスクを過剰に好む性格に起因すると一般的に考えられているが発症のメカニズムはよく分かっておらず、治療法も確立されていない。

みんなの反応は

パチンコで負ける人にはパターンがある

まず依存ってどこからなんだ?

パチンコなんて貧乏人の行くところだと昔祖母が言ってたけどまさにその通りだと思う

リスク判断もそうだし、計画を作ったり記録などが苦手な人が圧倒的に多い

IQが低い人の方がギャンブルするってこと?

スマホゲーム依存も増え、脳力退化。

結論としては確率計算できない弱い奴ほどギャンブルするってことか

性格とかでなく間違いなく病気だったんだ。おいらも病気なのか?

確かに競馬や競艇とかはギャンブル依存症が多いですね

スポンサーリンク