真贋の行方はどうなる? なんでも鑑定団“国宝級茶碗”騒動おさまらず

このニュースをシェア!

なんでも鑑定団“国宝級茶碗”騒動おさまらず

なんでも鑑定団“国宝級茶碗”騒動おさまらず 専門家ら論争、真贋の行方は…:イザ!
【衝撃事件の核心】昨年12月に放送されたテレビ東京系の人気番組「開運!なんでも鑑定団」で、国宝級の「曜変天目(ようへんてんもく)」と鑑定され、複数の専門家から異…

昨年12月に放送されたテレビ東京系の人気番組「開運!なんでも鑑定団」で、国宝級の「曜変天目(ようへんてんもく)」と鑑定され、複数の専門家から異論が上がった騒動がおさまらず、過熱の一途をたどっている。

所有者の依頼で茶碗の成分分析を実施した大学教授が「模倣品の可能性を示す発色元素は検出されなかった」と指摘。

一方、番組の鑑定結果を疑問視する専門家は分析について「方法が不十分で、元素が含まれている可能性は依然としてある」とさらに疑念を募らせており、さながら“神学論争”の様相を呈してきた。

「国宝級」と鑑定されたのは、昨年12月20日放送の「開運!なんでも鑑定団」に持ち込まれた茶碗

所有者は徳島県内でラーメン店を経営する男性で、大工をしていた曽祖父が、戦国武将・三好長慶の子孫が暮らす屋敷の移築を請け負った際に買い受けた古美術品の中に交ざっていたという。

番組では、古美術鑑定家の中島誠之助さんが「国宝の曜変天目と同じものに間違いない。

漆黒の地肌に青みを帯びた虹のような光彩がわき上がっていて、まるで宇宙の早雲をみるようだ」と絶賛。100万円とした所有者の自己評価を大きく上回る2500万円の鑑定額をつけた。

しかし番組放送後、曜変天目茶碗の再現に父の代から挑み続け、何度も中国に赴くなどして研究を続ける陶芸家、九代目長江惣吉さん(54)=愛知県瀬戸市=や大学教授、学芸員ら複数の専門家が「似ても似つかない」「鑑定する以前の問題」「本物なら桁が3つくらい増えてもおかしくない」などと相次いで鑑定結果を疑問視した。

論争は過熱し、徳島県教育委員会は、いったん計画していた茶碗の文化財指定に向けての調査を中止に。当初協力的だった所有者から中止の申し出があったという。

みんなの反応は

何事も直に見て直に鑑定した形こそが信用できる。

直接見てもないし追及できる立場じゃないって分かってるならなぜそこまで意固地になるんだ

日常で仕事をしていてもこういう感じではまってしまうことがたまにある。

18世紀以前にこういった作品が出せるのであるなら、結果がどうえあれ評価出来ると思うよ。

贋作だと言っている方は元祖ではない。研究家だろう。

曜変天目は偶然の産物で、今まで三点しか確認されていないんでしょ?

実物を見てもいないのに、決め付けるのもよくないと思う

バラエティ番組に対して、むきにならなくても良いのでは

元素がどうとかより、見た目的にそんなに美しくないやん

スポンサーリンク