ビールがますます買いにくくなる!?原価割れでビールを売ったら罰則も

このニュースをシェア!

原価割れでビールを売ったら罰則も

原価割れでビールを売ったら罰則、ビールがますます買いにくく | THE PAGE(ザ・ページ)
 今年に入ってビール類の店頭価格が上昇しています。昨年の法改正によって、今年の6月から原価割れで販売した小売店には罰則が科されることになりました。値上げはこれを見越した動きとみてよいでしょう。ビール大...

今年に入ってビール類の店頭価格が上昇

昨年の法改正によって、今年の6月から原価割れで販売した小売店には罰則が科されることになりました

酒類販売の業界には、メーカー側が小売店に対して、「リベート」と呼ばれる多額の販売奨励金を支払う慣行があり、これが安値販売の原資となっていました

しかし、改正法では安値で販売することが事実上禁止されたほか、リベートの支払いについても基準が厳格化

特に大きな影響を受けているのが、大量の安値販売を行っている量販店

現在、350ミリリットル缶あたりの税額はビールが77円、発泡酒が47円、新ジャンルが28円となっていますが、2020年からはビールを段階的に減税し、発泡酒と新ジャンルについては逆に増税します

日本はビール類にかかる税率が高く、諸外国に比べて価格が高いことで知られています

みんなの反応は

そういうの購入してる層って高くなったら買わない気がするけど
結局消費が下がるだけなんじゃ

酒税払ってるのに消費税取られるのは二重課税じゃないかな

買いにくくより、売れにくくだろ? 賞味期限あるし。

リベートが厳しくなることで、メーカーで利益取れるようになるから、卸価格=原価が安くなるって発想はないのね…

ずっと長きに渡りメーカーが泣いてたからね。
それで良かった面もあるけど、法整備してくれればバイヤーとの話も楽になるかもね

今、私の町でも、昔からの酒屋さんがどんどん廃業している。
そんな時期になって「今更」って感じだ。

たくさん飲んでもらった方が全体も回り、税収も増えるだろう

スポンサーリンク