肺の奥まで煙が到達 「軽いたばこ」が肺腺がん増加の要因になることが判明

このニュースをシェア!

「軽いたばこ」が肺腺がん増加の要因になることが判明

「軽いたばこ」が肺腺がん増加の要因に、肺の奥まで煙が到達(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
【AFP=時事】たばこのフィルターの周りに空いた穴から空気を吸い込み、煙を薄めると - Yahoo!ニュース(AFP=時事)

たばこのフィルターの周りに空いた穴から空気を吸い込み、煙を薄めるとされてきたいわゆる「軽いたばこ」が、実はここ数十年で肺腺がんが増加している要因になっていたと、米大学の研究グループが22日付の医学誌に掲載した論文で明らかにした。

肺腺がんは最も一般的な肺がんの一つで、多くの場合、肺の奥の方で発生する。

過去50年の喫煙者減少に伴い、他の種類の肺がんの発症数は減っているが、肺腺がんの発症数は増加している。

みんなの反応は

タバコを、吸う本人が病気になるのは自己責任だし全然問題ない

何でもかんでもガンになるって言う大学みたいだな。

軽いタバコでも、吸ったらカラダに害です。

健康のために「重いタバコ」にしないとね。

ガンになることを恐れててタバコ吸っている人なんていないだろう

軽いタバコが出て来た時期と一致したのは単なる偶然の域を出てない

WHOが、ソーセージ・ハムに、ニコチン、タールよりも有毒な発ガン物質が含有されてると発表した

軽い気持ちで始めないようにね

本当にタバコだけが要因ですか?

スポンサーリンク

このニュースをシェア!

フォローする

スポンサーリンク