3人に2人「心身の健康問題」 自殺の動機、対策検討へ

このニュースをシェア!

自殺の動機、3人に2人「心身の健康問題」

自殺の動機、3人に2人「心身の健康問題」 対策検討へ(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
2016年中に自殺した人のうち、3人に2人が心身の健康問題が動機となったことがわ - Yahoo!ニュース(朝日新聞デジタル)

2016年中に自殺した人のうち、3人に2人が心身の健康問題が動機となったことがわかった。

一方、生活苦や家庭問題は2割程度だった。厚生労働省と警察庁が23日に分析結果を公表した。

自殺者数は7年連続で減っているが、厚労省はこうした結果を踏まえ、自殺防止対策を検討する。

16年中の自殺者数は2万1897人。そのうち1万6297人分の遺書などを分析し、1人最大三つまで自殺の動機をまとめた

それによると、うつ病や体の病気など健康問題が1万1014人(67・6%)と最も多かった。

生活苦や借金など経済・生活問題の3522人(21・6%)、夫婦の不和や将来に悲観したなど家庭問題の3337人(20・5%)が続いた。

みんなの反応は

心身の健康問題というのは、結局は生活不安、生活苦にも繋がるので、根本的な問題は同じことといえる。

尊厳死とか安楽死とかさせてほしいです

今の世の中、心が壊れている人が多くなっている気がする。

心身の問題でくくっちゃダメじゃないかな?

うつ病を健康問題にするなら、経済や将来不安の自殺もうつ病が原因だろうから健康問題になるんじゃないのか

他人に迷惑かけないでほしい。人身事故とか、他人を巻き込むとか勘弁!

結局、将来に期待の持てない社会だから鬱が増える。社会全体が病んでる。

うつ病の割合が書かれてないから何とも言えないけど、うつ病になった原因や体調不良になった原因によっては結果ががらりと変わる気がする

なんか社会が鬱を当然のものと思ってる気がする。これだけ蔓延してると。

スポンサーリンク