森友学園問題で「忖度」が大注目! この言葉はどんな意味?

このニュースをシェア!

「忖度」 この言葉はどんな意味?

森友学園問題で「忖度」の検索が増加 どんな意味?
記者会見などで多用されたことで一気に広がりました。

学校法人・森友学園の籠池泰典(かごいけやすのり)理事長が記者会見で使用した言葉「忖度(そんたく)」の検索人気が急上昇しています。

他人の心(気持ち)をおしはかること”や“推察”を意味する言葉で、デジタル大辞泉では使用例として「相手の真意を忖度する」が紹介されています。

特に注目されるきっかけとなったのは、森友学園への国有地売却をめぐる問題で3月23日、籠池氏が国会での証人喚問に引き続いて臨んだ日本外国特派員協会での記者会見でのこと。

報道によると、国有地の売買をめぐって安倍晋三首相の口利きがあったか問われた籠池氏は「口利きはしていない。忖度をしたということでしょう」と答えました。

なお「忖度」自体は以前から報道などで使われており、Twitterなどでは数年前から流行語を指摘する声がありました。

みんなの反応は

実は自分も、日常会話で使うチャンスがないかと、密かに今か今かと狙っている

官僚の忖度ばかり言われているが、大阪の地方行政でもまた別の次元で忖度が行われていたのではないか。

忖度が色んなところであったから 問題がややこしくなってるって事じゃない?

大阪人って、使われないのと、使い所が難しい言葉使うよね。

直接指示では無い、他人の忖度を「関与」と言うのは暴力。

教育に威を借りた生まれ付きの詐欺師で、利用出来るものは何も利用するただの男。

今は上手く野党を利用して居ますが、今度は野党が大きな傷を負いますよ。

忖度」の意味からすれば、誰かに頼まれたわけではなく、自分の思い込みで、勝手に行動したという事かな?!

実にくだらん、アホを相手すると時間の無駄。

スポンサーリンク