上野のジャイアントパンダは年間1億円以上の経費 動物園の実態が面白い

このニュースをシェア!

上野のジャイアントパンダは年間1億円以上の経費

上野のジャイアントパンダは年間◯億円以上の経費がかかっている?『子供に言えない動物のヤバい話』(ダ・ヴィンチニュース) - Yahoo!ニュース
動物園は大人も子供もワクワクできる場所だ。定番の人気者といえば、やはりライオンや - Yahoo!ニュース(ダ・ヴィンチニュース)

動物園は大人も子供もワクワクできる場所だ。定番の人気者といえば、やはりライオンやトラ、ゴリラといった大型の動物たち

もしくは、猿山のサルたちをボーっと眺めているだけでも、ついつい時間を忘れてしまうような空間でもある

今月2日、上野動物園で2頭のジャイアントパンダの展示が再開されて話題となった。いつの時代も動物園の人気者なイメージであるが、じつはこのパンダは、中国から“レンタル”されたものであるのはご存知だろうか

上野動物園で飼育されているリーリーとシンシンは2頭で年間95万ドルの10年契約。現在のレートだと約1億円以上となるが、これにエサ代が加わると年間でプラス1000万円

このように高額であるという事情から日本では現在、上野動物園の他に、兵庫県の神戸市立王子動物園、和歌山県のアドベンチャーワールドのみでしか見られないという

みんなの反応は

動物外交』と呼ばれるぐらい動物園の動物たちは政治家

そもそも他国で生まれた赤ちゃんに対して、何故に1億も払わなければならない

パンダは高すぎ

動物なんて、そり経費凄い掛かるだろ

リーリーとシンシンが年間95万ドルの10年契約だったなんて

エサ代1000万円で足りるのか?

スポンサーリンク