死亡は小学6年栗林華子さんと外務省職員小山智史さん…川崎登戸事件に悲しみの声

児童など16人けが 2人心肺停止  目撃者の証言 国内ニュース
  • 川崎市多摩区の路上で男が児童らを無差別に襲った事件
  • 死亡したのは、小学6年栗林華子さん(11)と外務省職員小山智史さん(39)
  • 計画的だった可能性があり、自殺した50代の男の身元を含め詳しく調べている

このニュースの要約

現場にあった男のものとみられるリュックサックの中から包丁のような刃物2本が見つかったことが28日、神奈川県警への取材で分かった。
男は両手に刃物を持って襲撃しており、合わせて計4本を所持。
県警は殺人容疑などで多摩署に捜査本部を設置。計画的だった可能性があり、自殺した50代の男の身元を含め詳しく調べている。

捜査本部によると、死亡したのは東京都多摩市、小学6年栗林華子さん(11)と東京都世田谷区、外務省職員小山智史さん(39)。新たに男児1人の軽傷も判明し、重軽傷は17人、被害は計19人になった。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/yucham2017/status/1133299453857751040

コメント