職員の8割強が冷房時の室内温度を25度に設定で「業務効率が向上した」と回答

国内ニュース
By: Ryosuke Sekido
  • 兵庫県姫路市は7日、冷房時の室内温度を25度に設定した総残業時間が14・3%減少したと発表
  • 清元秀泰市長が定例会見で明らかにした。職員アンケートでも85%が「業務効率が向上した」と回答
  • 働き方改革への効果があったとして来夏も実証実験を続けるという
神戸新聞NEXT|総合|室温設定25度で 職員の8割強「効率上がった」
 兵庫県姫路市は7日、市役所本庁舎で冷房時の室内温度を25度に設定した7~8月、総残業時間が14・3%減少したと発表した。清元秀泰市長が定例会見で明らかにした。

このニュースの要約

兵庫県姫路市は7日、市役所本庁舎で冷房時の室内温度を25度に設定した7~8月、総残業時間が14・3%減少したと発表した。清元秀泰市長が定例会見で明らかにした。職員アンケートでも85%が「業務効率が向上した」と回答。働き方改革への効果があったとして来夏も実証実験を続けるという。

このニュースに対するみんなの反応

コメント