適応障害で2か月間の休養必要…丸山穂高衆院議員にネットの声は

丸山議員 聴取欠席、「適応障害で2か月間の休養必要」 国内ニュース
  • 北方領土をめぐる「戦争発言」について国会で説明するよう求められていた丸山穂高衆院議員
  • 「適応障害」のため「今後2か月間の休養が必要」だとして、事情聴取を欠席
  • 議院運営委員会では、丸山議員に対する懲罰委員会を開くかどうかなど、今後の対応を改めて協議する方針
丸山議員 聴取欠席、「適応障害で2か月間の休養必要」
 北方領土をめぐる「戦争発言」について、24日に国会で説明するよう求められていた丸山穂高衆院議員が、「適応障害」のため「今後2か月間の休養が必要」だとして、事情聴取を欠席しました。  衆議院の議院運営委員会では、丸山議員の発言について、「国会の権威をおとしめる発言」だとして、丸山議員本人から事情を聞く必要があると判断し

このニュースの要約

北方領土をめぐる「戦争発言」について、24日に国会で説明するよう求められていた丸山穂高衆院議員が、「適応障害」のため「今後2か月間の休養が必要」だとして、事情聴取を欠席しました。

しかし、丸山議員は体調不良を理由に理事会を欠席。JNNが入手した丸山議員の診断書の写しによりますと、適応障害のため「今後2か月間の休養が必要」だとしています。

議院運営委員会では、丸山議員に対する懲罰委員会を開くかどうかなど、今後の対応を改めて協議する方針。

適応障害とは

適応障害は、ある特定の状況や出来事が、その人にとってとてもつらく耐えがたく感じられ、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。
たとえば憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になったりします。また、無断欠席や無謀な運転、喧嘩、物を壊すなどの行動面の症状がみられることもあります。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/Atoya_TyFFoKpM4/status/1131806286805258240

コメント