台風「まずまずに収まった」発言釈明も…自民党の二階幹事長に批判の声

国内ニュース
  • 自民党の二階幹事長が、台風19号の被害について、予測に比べて「まずまずに収まった」と発言
  • 「日本がひっくり返るような大災害から比べればということで、1人亡くなっても大変なことだ」と釈明
  • 立憲民主党の蓮舫副代表は「与党幹事長の発言は決して軽くない。この認識は、ない」と批判
台風被害「まずまずに収まった」 二階氏釈明も野党批判(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース
自民党の二階幹事長が、13日の党の緊急役員会で、台風19号の被害について、予測に比べ - Yahoo!ニュース(フジテレビ系(FNN))

このニュースの要約

自民党の二階幹事長が、13日の党の緊急役員会で、台風19号の被害について、予測に比べて「まずまずに収まった」と発言したことに対し、野党から批判が出ている。

自民・二階幹事長「予測されて、いろいろ言われていたことから比べると、まずまずに収まったという感じ」

二階幹事長は会合後、自らの発言について、「日本がひっくり返るような大災害から比べればということで、1人亡くなっても大変なことだ」と釈明した。

このニュースに対するみんなの反応

コメント