自民党有志が議連発足…男性育休 ”義務化” に色々な声

国内ニュース
By: ZoAmichi Kai
  • 子どもが生まれた男性に育児休業を原則100%取得させる仕組みの導入を目指す
  • 男性も育児休業が取得しやすくなる「パパ・ママ育休プラス」の制度が新設されてから9年
  • 自民党有志による議員連盟の発足準備が進められている
男性育休 ”義務化” に向け、自民党有志が議連発足へ(ハフポスト日本版) - Yahoo!ニュース
子どもが生まれた男性に育児休業を原則100%取得させる仕組みの導入を目指し、自民党 - Yahoo!ニュース(ハフポスト日本版)

このニュースの要約

男性も育児休業が取得しやすくなる「パパ・ママ育休プラス」の制度が新設されてから9年。
改正育児・介護休業法が施行された2010年に1.38%だった男性の育休取得率は5.14%(2017年度)まで伸びたものの、「2020年までに13%」という政府目標にはほど遠い。

ハードルとなっているのは、申請手続きの煩雑さや企業内の空気感だ。男性が育休取得を言い出せない状況をなくそうと、政治や企業が動き出している。

このニュースに対するみんなの反応

コメント