あまりにも身勝手な犯行動機…高岡由佳容疑者の“ゆがんだ愛情”にネットの声は

あまりにも身勝手な犯行動機…高岡由佳容疑者の“ゆがんだ愛情”にネットの声は 国内ニュース
  • 20歳の知人男性を刃物で刺し、重傷を負わせたとして、殺人未遂の疑いで逮捕された高岡由佳容疑者(21)
  • 犯行後、警察署から移送される際には、なぜか笑みを浮かべていた
  • 調べに対し「好きで好きで仕方なかった」などと、男性への強い執着を口にしている

このニュースの要約

事件は5月23日午後4時前、東京・新宿区の歌舞伎町近くにあるマンションで起きた。その時のことを、高岡容疑者は「相手を殺して私も死のうと思い、おなかのあたりを包丁で刺しました」と供述している。
高岡容疑者は「どこにも行ってほしくなかったので外階段で下におりました」「刺し殺して、その死んでいく様子を見届けた後に死ぬつもりだったので119番通報はしませんでした」と供述しているという。
逮捕直後、警察官に囲まれて、現場から連行される場面を捉えた映像では、黒いシャツを着た高岡容疑者の両足は、男性の血で染まっている様子が分かる。

刺された男性は一時意識不明の重体となったものの、一命を取り留め現在も入院している。

このニュースに対するみんなの反応


https://twitter.com/heartsniper_A/status/1132172077274882048

コメント