緊急保護者会で学校が経緯説明…南浦和中学校の中1男子自殺にネットの声は

緊急保護者会で学校が経緯説明…南浦和中学校の中1男子自殺にネットの声は 国内ニュース
By: naosuke ii
  • さいたま市にある中学校の1年生の男子生徒が去年8月に自殺した事件
  • 緊急の保護者会が開かれ、学校側がこれまでの経緯を説明しました
  • 非公開で緊急の保護者会を開き、およそ300人が出席しました

このニュースの要約

この中で益子慶次校長は、顧問の男性教諭について、生徒が自殺する前の去年4月に別の生徒への暴言を把握し謝罪させていたことや保護者から顧問を交代させるよう要請があったことなどを説明しました。

保護者からは「学校に預けていて大丈夫なのか」などの意見が出されたということです。

男子生徒の自殺について当初、学校は不慮の事故としていて、保護者会のあと取材に応じた益子校長は「遺族の同意を得て行った対応だった」と釈明しました。

男子生徒の母親はこれまでの取材に「学校の対応に不信感が募っている。なぜ自殺しなければならなかったのか、真実を明らかにしてほしい」としています。

このニュースに対するみんなの反応

コメント