名古屋市北区中学受験を巡るトラブルで息子を殺害…悲惨な事件にネットの声は

名古屋市北区中学受験を巡るトラブルで息子を殺害…悲惨な事件にネットの声は 国内ニュース
  • 3年前、名古屋市北区で中学受験を巡るトラブルで息子を殺害した罪に問われている父親
  • 21日の初公判で父親の佐竹被告は「殺意はなかった」と起訴内容を否認しました
  • 初公判を通して犯行に至った経緯が徐々に明らかになってきました

このニュースの要約

2016年8月、名古屋市北区の自宅マンションで長男で、当時小学6年生の崚太くん(当時12)の右胸を包丁で刺し、殺害した罪に問われている佐竹被告。

関係者によりますと、佐竹被告は名古屋の有名私立中学出身で、一人息子の崚太君も同じ中学に進学させることを希望していたといいます。

中学受験を控え、崚太君に勉強をさせようと日常的に暴力を振るっていて、事件に繋がったとみられています。

このニュースに対するみんなの反応

コメント