条約を無視する国が条約を盾に… 渋谷の路上で暴行容疑の韓国大使館員を釈放

国内ニュース
By: Dick Thomas Johnson
  • 韓国大使館の40代の男性事務職員が通行人の男性を殴ったとして、警視庁渋谷署に暴行容疑で現行犯逮捕
  • 同署は外交関係に関するウィーン条約に基づき男性職員を釈放
  • その後、任意捜査に切り替え、同容疑で男性職員を書類送検した
ニュース|BIGLOBEニュース
BIGLOBEニュースは、芸能ニュースや事件の速報を写真や動画でわかりやすくお伝えします。新聞社や雑誌の記事に加え、ネット炎上や動物の話題などをオリジナル記事でお届けします。

このニュースの要約

捜査関係者によると、男性職員は9月中旬、渋谷区宇田川町の路上で、通行人の20代男性の顔を素手で殴った疑いが持たれている。事件当時、男性職員は酒に酔っており、面識のない男性とトラブルになったとみられる。

 男性職員は釈放後、任意捜査での出頭要請に応じたものの、大使館員の不逮捕特権を理由にその場を立ち去っていたという。

このニュースに対するみんなの反応

コメント