本人は「事実ない」と否定も…北大総長のパワハラ疑いにネットの声は

国内ニュース
By: Nullumayulife
  • 北海道大学のトップである名和豊春総長が、数十人の職員にパワハラ行為
  • 2018年、複数の教職員から「パワハラを受けている」と申し出
  • 選考会議は近く、総長の解任を申し出る方針で、最終的には大臣が解任を判断

このニュースの要約

北海道大学のトップである名和豊春総長が、数十人の職員にパワハラ行為をしていたとして解任が検討されていることがわかりました。
関係者によりますと、総長選考会議が調査した結果、名和総長が数十人の教職員に理由のない作業を任せたり、人格を無視するようなパワハラ行為が認められたということです。
名和総長は体調不良などを理由に去年12月から休職していますが、8日、代理人弁護士を通じてコメントを発表し、「業務上必要な注意や叱責をしたことはありますがパワハラと評価される行為に及んだ事実はありません」などと反論しました。

このニュースに対するみんなの反応

コメント