10代で自殺で最も多かったのは「学校問題」…ネットの反応は

国内ニュース
By: MIKI Yoshihito
  • 政府は16日の閣議で2019年版自殺対策白書を決定した
  • 18年に10代で自殺した599人で最も多かったのは「学校問題」だった
  • 自殺者の19歳以下は1998年以降おおむね横ばいが続いている
未成年の自殺増、18年599人 学校起因が最多、政府白書(共同通信) - Yahoo!ニュース
政府は16日の閣議で2019年版自殺対策白書を決定した。18年に自殺した19歳以下は前年比 - Yahoo!ニュース(共同通信)

このニュースの要約

政府は16日の閣議で2019年版自殺対策白書を決定した。18年に10代で自殺した599人のうち、特定できた原因・動機の中で最も多かったのは「学校問題」だった。
自殺者の総数は9年連続で減少しているが、19歳以下は1998年以降おおむね横ばいが続いている。
白書は「若者の状況を把握するとともに、対策の効果検証を行い、見直していくことが必要だ」としている。

10~19歳の自殺者のうち遺書などから特定できた原因・動機を1人につき三つまで計上した結果、延べ568人中、学校に関する問題が188人(33%)と最多を占め、健康問題の119人(21%)が続いた。

このニュースに対するみんなの反応

コメント